歯周病を改善させる方法はある?

歯周病を改善させる方法はある?

歯周病を改善させる方法はある?






 

Q:歯周病を改善させる方法ってありますか?
私の場合歯周病由来の口臭のようで大便のようなキツイニオイがします。
通ってる歯医者からは歯周病改善が必要と言われましたが、抗生物質などは避けたいと思います。
自宅でできる歯周病対策ってなにかありますか?

A なぜ歯周病なのか、それは普段あまり歯周病のことまで気にして歯磨きを行っていないせいかもしれません。普段の生活でみなさんは歯周ポケットのことまで気にしているでしょうか。 コマーシャルなどで最近耳にするケースも増えて来たかもしれませんが、歯周ポケットとは、歯と歯茎の境目の溝のことを言います。ここにスポットをあてて歯磨きをしていただきたいと思います。

 

歯の周囲には、 歯肉溝という溝があり、健康な人たちは歯茎にピッタリくっつき細菌が侵入しないようになっています。しかし歯茎に細菌が留まることで、この密着が剥がされて行くと言われています。 歯周ポケットこそが歯周病のはじまりであり、深くなり歯の周囲の骨を溶かして行ってしまうことになります。

 

歯周病はプラークが原因で起こります。プラークは細菌の塊と言う意味であり、プラークがなければ歯周ポケットはそこにはありません。さて歯周ポケットは改善出来ないのでしょうか。

 

プラークをいかに残さないように日々ケアするかと言うことがとても大事なポイントです。歯ブラシやデンタルフロスを使用して歯の根本をしっかり意識して磨いてください。 意識すれば、2〜3週間程で腫れることで、歯茎は引き締まり、歯周ポケットに細菌が入り込みにくい状態となります。こびり付いてしまったものに対してはなかなか歯ブラシでは除去することが困難です。歯科医に行けば、機械を使用して、クリーニングをしてくれて汚れを除去してくれます。

 

細菌が唾液と一緒になることで歯石化してしまうことがあります。そのようなケースもしっかり歯科へ行き、超音波で砕き除去する必要があります。兎に角細菌の居場所をこのような方法でもって消去していかなければなりません。

 

歯周ポケットが6から8mm程あれば、 歯周ポケットの入口より歯石を取ることも出来ません。そのような時は外科的方法が取られることになります。そのような場合切開を入れて歯茎を開き中に隠れている歯石を除去します。

ホーム RSS購読 サイトマップ