口が臭くて大便のような臭いがする

口が臭くて大便のような臭いがする

口が臭くて大便のような臭いがする、その原因は?






 

Q:口が臭いのですが大便のようなひどい臭いがします。口臭の原因ってなんでしょうか?

A 口臭は他の人たちに
も迷惑がかかるので、呉々も用心をしたい問題ですが、なぜ口臭が起こるのかと言えば、結構その理由を知らない人たちが多くいます。理由を知らずになかなか口臭をシャットアウトすると言うのは難しいかもしれないですよね。

 

まず、いずれにしても口臭に対して正しい理解をしていただきたいと思います。 口臭の原因は、口の中の気体が影響を及ぼしています。口の中に生息する細菌が、唾液、血液、古びてしまっ細胞、食べかすに含まれているたんぱく質などを分解し、揮発性硫黄化合物、つまり口臭のもとの 硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドを産出してしまうのです。

 

揮発性硫黄化合物が増える要因は、更に生理的要因、病的要因に分けることが出来ます。ここで自身でチェックをしていただきたいと思いますが、・口の中がちょっとパサパサした感じ・仕事で日々ストレスを感じている、かつ口臭がある・舌の表面が白い感じと言うだけであれば、生理的口臭の可能性があります。

 

更に、・歯の表面を触ればザラザラしている・歯茎が腫れていたり、血が出ることもある・歯がぐらぐらしているものもあると言った症状が含まれて来れば、病的口臭の可能性もあることを想定してください。

 

唾液には抗菌作用があり、口臭は本来なら抑えられているものでもあります。ただし寝て起きた時など、唾液の分泌が少ない為に口臭が気になることがあります。生理的口臭の場合、病気と言うことではありませんので、生活にちょっとしたプラスアルファの工夫をするだけで、口臭が消えスッキリ感を取りもどすことが出来ます。

 

一方で病的口臭として、歯周病、虫歯など原因を考えることが出来ます。歯周病などは原因菌が歯周ポケットに潜み、唾液や血液そして食べカスにも含まれるタンパク質などを分解して口臭を発生させて行くことになります。虫歯でポッカリ歯に穴が開いている人たちも、口腔内の細菌が発酵して口臭を作らないよう、治療が必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ